相模原市の図書館トップFAQに戻る
 マイライブラリーにログインできないとき
  1. 複数のタブまたはウィンドウでログイン後の画面を開いている
  2. ログイン後の画面を開いたまま、長時間操作しなかった場合
  3. 貸出券の有効期限が切れていませんか
  4. キーボードの設定が「Caps Lock」(大文字入力)になっている
  5. 正しいパスワードが入力されていますか?
  6. TLS通信を有効にする
  7. 閲覧履歴を消去する
  8. Cookieを有効にする
  9. javaScriptを有効にする
 ここでご案内する操作は、あくまで一例であって、不具合の解消を保障するものではありません。
 また、これらの操作は、利用者のみなさま個々の責任において実施してください。 操作に不安がある場合は、無理をせず、ご利用の機器の製造元、ブラウザの配信元、プロバイダーや回線業者のサポート窓口などにお問い合わせください。




1.複数のタブまたはウィンドウでログイン後の画面を開いている。

 複数のウィンドウまたはタブでログイン後の画面を開いている場合、 いずれか一つのウィンドウ/タブでログアウトし、 別のログイン後の画面が表示されているウィンドウ/タブで、 マイライブラリー内のメニューに移動しようとすると、 「接続認証エラー」となります。
 一度、すべてのブラウザを閉じて、「相模原市の図書館」トップページから 改めてログインし直してください。
 再び「接続認証エラー」が表示された場合は、ブラウザの上部にある更新ボタンまたはF5キーを 押してください。現象が改善されない場合は、2番以降の設定等の確認をしてください。

 また、マイライブラリーの使用が終わりましたら、画面右上の「ログアウト」ボタンをクリックし、「ログアウト」画面が表示されたことをご確認ください。


2.ログイン後の画面を開いたまま、長時間操作しなかった場合。

 ログイン後の画面を開いたまま、一定時間(10〜15分程度)操作をせずに放置すると、 セキュリティの安全確保のため自動的にログアウトします。
 この状態で、マイライブラリー内の別メニューに移動しようとすると、「接続認証エラー」となります。 一度、ブラウザを閉じて、再度「相模原市の図書館」トップページから改めてログインしてください。
 再び「接続認証エラー」が表示された場合は、ブラウザの上部にある更新ボタンまたはF5キーを 押してください。現象が改善されない場合は、3番以降の設定等の確認をしてください。


3.貸出券の有効期限が切れていませんか。

 4年間貸出の利用または登録内容の変更等のお手続きがないと、 貸出券の有効期限が切れます。この場合、マイライブラリーにログインができませんので、 最寄りの図書館または公民館図書室等において、更新手続きをお願いします。


4.キーボードの設定が「Caps Lock」(大文字入力)になっている。

 パスワードは大文字、小文字を認識します。大文字入力モードになっていると、 パスワード誤りとなりログインできません。
 キーボード左端の「CapsLock」キーと直下の「Shift」キーを同時に押すことで、 入力モードが切り替わります。


5.正しいパスワードが入力されていますか?

 登録したパスワードを忘れてしまった場合は、最寄りの図書館にお電話または窓口にお申し出ください。 登録されているパスワードを一旦消去しますので、ホームページまたは各図書館・公民館図書室等に設置されている 館内OPACで再登録をしてください。


6.TLS通信が有効になっていますか。

 SSL通信には、重大な脆弱性が指摘されているこから、 相模原市の図書館ではSSL通信を停止しています。次の要領でTLS通信を有効にしてください。

 Internet Explorer ver.11の場合
 スタート>コントロールパネル>インターネットのオプション>
       >詳細設定の「セキュリティ」の項目の「TLS1.0」、「TLS1.1」、「TLS1.2」

 Google Chromeの場合は
こちらを参照(外部リンク)

 Mozilla Firefoxの場合、すでにSSL通信が停止されているため、設定変更はありません。

 Safariの場合
 「Safari」メニュー>環境設定>詳細>プロキシの設定変更をクリック
    >プロキシの構成が「手入力」であることを確認
      >「構成するプロトコルを選択」内の「保護されたWebプロキシ(HTTPS)」をオンにする
         >OKをクリックする>Safariブラウザを再起動する


7.閲覧履歴を消去する。

 閲覧履歴を消去すると、現象が解消されることがあります。
 次のとおり操作してください。

 Internet Explorer ver.11の場合
  スタート>コントロールパネル>インターネットのオプション>全般タグ
    >閲覧の履歴欄にある「削除」をクリック
       >新しく開いたウィンドウの最下部の「削除」をクリック
        しばらく待つと履歴が削除されます。

 Google Chromeの場合は
こちらを参照(外部リンク)

 Mozilla Firefoxの場合はこちらを参照(外部リンク)

 Safariの場合はこちらを参照(外部リンク)


8.Cookieを有効にする。

 Cookieを有効にすると、不具合が解消されることがあります。
 次のとおり操作してください。

 Internet Explorer ver.11の場合
  スタート>コントロールパネル>インターネットのオプション>プライバシータグ
    >中央付近をクリック
       >新しく開いたウィンドウの「Cookie」の文字の直下のチェックボックスをチェックする
          >「OK」をクリック>次のウィンドウの「OK」をクリック

 Google Chromeの場合は
こちらを参照(外部リンク)
 Mozilla Firefoxの場合はこちらを参照(外部リンク)
 Safariの場合はこちらを参照(外部リンク)


9.javaScriptを有効にする。

 javaScriptを有効にすると、不具合が解消されることがあります。
 次のとおり操作してください。

 Internet Explorer ver.11の場合
  スタート>コントロールパネル>インターネットのオプション>セキュリティタグ
    >ウィンドウの下にある「レベルのカスタマイズ」をクリック
       >新しく開いたウィンドウのから「スクリプト」の「XSSフィルター」のラジオボタンをオンにする。
          >「OK」をクリック>次のウィンドウの「OK」をクリック

 Google Chromeの場合は
こちらを参照(外部リンク)

 Mozilla Firefoxの場合はこちらを参照(外部リンク)

 Safariの場合はこちらを参照(外部リンク)

ページのトップに戻る>