相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

◎本のあらすじ
『かさじぞう』、『スーホの白い馬』、『だいくとおにろく』…。五十一歳でデビューしたその絵本作家の作品を、知らない人は少ない。しかし、絵本を「描く・つくる・読む」ことにこれほど熱心な画家であったことは、あまり知られていない。そして、日本や中国の風土と伝承をこよなく愛したことは、もっと知られていない。
◎目次
エッセイ(絵本風土ろん
湿度文化ろん ほか)
絵本のできるまで(画室から)(『そら、にげろ』
『へそとりごろべえ』 ほか)
評論(絵本・状況と批評
絵本界を見る・一九八一年 ほか)
紀行記(中国貴州苗族探訪)
受賞挨拶(国際アンデルセン賞画家賞授賞式挨拶
国際アンデルセン賞授賞パーティ挨拶)
◎著者紹介
赤羽 末吉
1910年、東京都生まれ。32年、旧満州(現・中国東北部)に渡る。わずかな期間を除き、独学で絵を描く。満州国国展で、3回、特選入賞。47年、帰国。その後、アメリカ大使館に勤務のかたわら、挿絵、絵本の仕事をする。61年、『かさじぞう』(福音館書店)でデビュー。絵本制作とともに、西川流宗家一門の舞踊劇の舞台美術を手がける。65年、『ももたろう』(福音館書店)と『白いりゅう黒いりゅう』(岩波書店)で、サンケイ児童出版文化賞を受賞。その後も内外の賞を多数受賞後、80年にはその業績に対して日本人としては初めて、国際アンデルセン賞画家賞を受賞。82年には、『絵本わらべうた』、『そら、にげろ』(ともに偕成社)で、ライプチヒ国際ブックデザイン展金賞を受賞した。生涯80冊の絵本を遺して、90年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。

所蔵

所蔵件数は1件です。

現在の予約件数は0件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1橋本図書館開架YA726 24608259図書在架