相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

著者 :桑原 晃弥
出版者:ぱる出版
出版年:2023年11月
分類:796.021
形態:図書
◎本のあらすじ
本書は藤井聡太の、「プロ棋士になるまでに何を考えていたのか」「プロ棋士としてどんな思いで勝負に臨んでいるのか」「将棋の未来をどう思い描いているのか」などを、本人が発した言葉やエピソードを元にしてまとめました。
◎目次
第1章 藤井聡太の夢のかなえ方(勝つ楽しさをスタート段階で味わえたのが、モチベーションにつながってよかったのかもしれません。
自分が将棋が好きでたまらないこと、自分にとって大切なものだということを、家族が認めて応援してくれていて、そういう環境は大きかった。 ほか)
第2章 藤井聡太「最強の棋士」を目指して(記録はそれほど意識していませんでしたが、中学生棋士の名に傷をつけないようにという思いはありました。
棋士になるためには、悔しさを態度に出すよりも、しっかり対局を振り返って次につなげることの方が大事だと気付きました。 ほか)
第3章 藤井聡太の描く未来(ピークの年齢で言うと、20代半ばくらいかなという思いはあるので、僕もそこに自分のピークを持っていきたいと思っています。
自分の目標というのは、相対的なものではなく、基本的に絶対的なものなんです。 ほか)
第4章 藤井聡太はAIとこう付き合う((ソフトの活用は)一つ間違えれば、思考そのものをソフトに委ねて、自ら考えることを放棄することになりかねない。
ソフトが大変強いことは言うまでもないことですけど、部分的には人間の方が深く読める局面もあると個人的には考えていたので、それが現れたのかなと思います。 ほか)
第5章 藤井聡太のプライベート(散歩に行った先から帰ってくるのが面倒なんです。最近は家の中で歩いています。
少しずつでも出来るようになればと。少しずつでも前進している感覚があると楽しいんです。 ほか)
◎著者紹介
桑原 晃弥
1956年、広島県生まれ。経済・経営ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。業界紙記者などを経てフリージャーナリストとして独立。トヨタ式の普及で有名な若松義人氏の会社の顧問として、トヨタ式の実践現場や、大野耐一氏直系のトヨタマンを幅広く取材、トヨタ式の書籍やテキストなどの制作を主導した。一方でスティーブ・ジョブズやジェフ・ベゾス、イーロン・マスクなどの起業家や、ウォーレン・バフェットなどの投資家、本田宗一郎や松下幸之助など成功した経営者の研究をライフワークとし、人材育成から正攻法まで鋭い発言を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。

所蔵

所蔵件数は1件です。

現在の予約件数は1件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1相模大野図書館開架796.021 35466655図書貸出中

関連資料

この資料を見た人は、こんな資料も見ています。

詳細:表示非表示