相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

著者 :栃木 孝惟
出版者:吉川弘文館
出版年:2001年
分類:913.43
形態:図書
◎本のあらすじ
琵琶法師の語りで有名な軍記物『平家物語』などを通して、貴族から武士の時代への移行期の様相を再現。諸側面から考察した作品論を展開し、源義経、平重盛、建礼門院ら人物像から諸行無常の時代と死生観を読み解く。
◎目次
「軍語り」の魅力―語られる風景について
説話に描かれた貴族社会の他者―武士・その二、三の側面
軍記における家と個人―武士の「家」を中心として
「武者の世の脇役たち」歴史の背反―藤原頼長
『保元・平治物語』における女の状況―武将の妻妾と娘たち
『平家物語』総説
『平家物語』の主題と構想
『平家物語』序章再読
『平家物語』と説話
『平家物語』における「物語」の位相―「鹿谷」の章段をめぐって
日記と文学・王朝から中世へ―安元3年春夏『玉葉』から
二つの生と死―重盛と重衝
「木曽最期」を読む
『平家物語』の人間像―源義経をめぐって
『平家物語』の非合戦記的側面について―「横笛」の章段をめぐる解説
建礼門院と安徳帝
◎著者紹介
栃木 孝惟
1935年東京都生まれ。1966年東京大学大学院人文科学研究科(国文学専攻)博士課程単位取得満期退学。現在清泉女子大学文学部教授、千葉大学名誉教授。主要編著書に『平家物語』上・下(日本の文学古典篇、ほるぷ出版、昭和62年)、共著『保元物語平治物語承久記』(新日本古典文学大系43、岩波書店、平成4年)、編著『平家物語の成立』(あなたが読む平家物語1、有精堂、平成5年)、同『軍記文学の始発―初期軍記』(軍記文学研究叢書2、汲古書院、平成11年)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。

所蔵

所蔵件数は3件です。

現在の予約件数は0件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1市立図書館開架913.43 17227752図書在架
2相模大野図書館書庫913.43 21028501図書在架
3橋本図書館開架913.43 20000493図書在架

関連資料

この資料を見た人は、こんな資料も見ています。

詳細:表示非表示

書名:相模原市補正予算書 令和6年3月 

書名:中山間地域の持続可能な医療の在り方に係る基本方針 

  • 中山間地域の持続可能な医療の在り方に係る基本方針 
  • 著者:相模原市健康福祉局保健衛生部医療政策課地域医療対策
  • 出版者:相模原市

書名:当初予算案の概要 令和6年度 

  • 当初予算案の概要 令和6年度 
  • 著者:相模原市財政局財政課
  • 出版者:相模原市