相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

著者 :宮村 治雄
出版者:岩波書店
出版年:2001年
分類:B121
形態:図書
◎本のあらすじ
「である」ことと「する」こと、「タコツボ型」と「ササラ型」、「実感信仰」と「理論信仰」など、卓抜な概念が多くの人を魅了してきた岩波新書『日本の思想』には、「戦後民主主義の思想家」という既成の丸山像を揺るがす力が秘められている。日本の伝統から積極的な価値を引き出そうとした丸山「開国論」を参照系としつつ、丸山真男の果たしえなかった企図を今日において引き継ぐ力作評論。
◎目次
「戦中と戦後の間」―丸山真男の思想史的位置
「「である」ことと「する」こと」(近代社会の論理
日本近代社会の特質)
「思想のあり方について」―「近代」と「開かれた社会」
「近代日本の思想と文学」(「開国」問題のケース・スタディとして
「開かれた知的共同体」の条件)
「日本の思想」(「伝統」の多義性と「開国」への新たな視点
「開国」と「日本近代」)
◎著者紹介
宮村 治雄
1947年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。現在、東京都立大学教授。日本政治思想史専攻。著書に『理学者兆民』『開国経験の思想史』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。

所蔵

所蔵件数は1件です。

現在の予約件数は0件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1城山公民館開架B121 27091354図書在架

関連資料

この資料を見た人は、こんな資料も見ています。

詳細:表示非表示