相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

◎本のあらすじ
“歴史”とは何か、それはどのような役割を果たすのか―日本が総動員体制へ向かう一九三〇年代、“歴史”は、均一的な「日本人」を主語とする「国民の物語」へと変貌し、その語りを通して、排他的な共同体意識をうみ出していく。島崎藤村の歴史小説や火野葦平の戦記、そして女性たちが記したルポルタージュなど、三〇年代の多様なテキストを取り上げ、それらの語りに、「われわれ日本人」という歴史意識形成のメカニズムを探る。過去/現在を語る装置としての“歴史”のあり方を問い直す注目作。
◎目次
序章 なぜ、“歴史の語り”が問われるのか
第1章 「歴史」の語り―一九三〇年代の明治維新像(「歴史」を描く三つの領域
『夜明け前』の世界―「地域」から描かれる明治維新 ほか)
第2章 「戦争」の語り―日中戦争を報告する文体(ルポルタージュから戦争文学へ
火野葦平の戦場―『麦と兵隊』『土と兵隊』の文体 ほか)
第3章 「現場」の語り―貧困と啓蒙の一九三〇年代(「現場」からのルポルタージュ
『小島の春』と『女教師の記録』―啓蒙への情熱 ほか)
終章 広島と沖縄戦の語りから―「国民の物語」を超えて
◎著者紹介
成田 龍一
1951年、大阪市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。専攻は、近現代日本史。現在、日本女子大学人間社会学部教授。主な著書に、『「故郷」という物語―都市空間の歴史学』(吉川弘文館)、『総力戦と現代化』(編著、柏書房)、『東京都の百年』(共著、山川出版社)、『戦争はどのように語られてきたか』(共著、朝日新聞社)、『歴史学のスタイル―史学史とその周辺』(校倉書房)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。

所蔵

所蔵件数は1件です。

現在の予約件数は0件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1相模大野図書館書庫210.04 18975482図書在架

関連資料

この資料を見た人は、こんな資料も見ています。

詳細:表示非表示

書名:相模原市 事件・事故等対処計画 

  • 相模原市 事件・事故等対処計画 
  • 著者:相模原市危機管理局危機管理課
  • 出版者:相模原市

書名:相模原市の組織 令和6年度 

書名:第3次相模原市自殺総合対策の推進のための行動計画 

  • 第3次相模原市自殺総合対策の推進のための行動計画 
  • 著者:相模原市健康福祉局地域包括ケア推進部精神保健福祉課
  • 出版者:相模原市