相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

著者 :服部 幸雄
出版者:吉川弘文館
出版年:2008年
分類:912.4
形態:図書
◎本のあらすじ
絶大な人気を誇り、歌舞伎・文楽の定番でもある『仮名手本忠臣蔵』。一方で事件の歴史研究は、虚構の物語を覆し元禄社会を解明した。史実と物語の関係を幅広い文化から読み解き、忠臣蔵人気を支える日本人の心情に迫る。
◎目次
仮名手本忠臣蔵とその時代(寛延元年、大坂道頓堀
赤穂事件から『仮名手本忠臣蔵』まで
元禄時代について
「忠臣蔵文化」の諸相と「忠臣蔵」の魅力)
1 仮名手本忠臣蔵と史実の周辺(元禄時代と赤穂事件の史実
赤穂事件と「忠臣蔵」における武士道
仮名手本忠臣蔵の作者たち)
2 仮名手本忠臣蔵の史実と虚構―各段を読む(大序から四段目まで(塩冶判官切腹までの経緯)
五段目・六段目を中心に(お軽・勘平の物語)
七段目(一力茶屋の由良之助とお軽・平右衛門)
八段目・九段目を中心に(本蔵一家の悲劇)
十段目・十一段目(天河屋義平・討入り))
3 仮名手本忠臣蔵と大衆文化(忠臣蔵と舌耕文芸
南北・黙阿弥の『忠臣蔵』とその時代
忠臣蔵の近代―「実録」と「外伝」の命運
忠臣蔵の浮世絵)
◎著者紹介
服部 幸雄
1932年愛知県に生まれる。1955年名古屋大学文学部卒業。国立劇場芸能調査室主任専門員、千葉大学教授、日本女子大学教授を歴任。2007年12月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。
令和2(2020)年分の雑誌の受付は、令和3(2021)年12月28日(火)で終了いたします。

所蔵

所蔵件数は2件です。

現在の予約件数は0件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1相模大野図書館開架912.4 28737732図書在架
2橋本図書館開架912.4 29224649図書在架