相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

著者 :大澤 博明
出版者:吉川弘文館
出版年:2019年2月
分類:289.1
形態:図書
◎本のあらすじ
薩摩出身の陸軍軍人で、大本営参謀として日清戦争を勝利へ導いた川上操六。長州閥との対立に苦悩しながらの作戦指導や戦後の軍拡計画に尽力した姿から、知られざる実像に迫り、日本の軍事的近代化の過程も振り返る。
◎目次
忘れられた陸軍軍人川上操六―プロローグ
明治陸軍の近代化と川上操六
日清開戦過程の虚像と実像
川上操六と日清戦争
東アジアにおける戦争観の相剋
日清戦後経営
朝鮮をめぐる日露関係
戦後経営の調整
陸軍非主流派の始祖としての川上操六―エピローグ
◎著者紹介
大澤 博明
1960年、熊本県に生まれる。1983年、熊本大学法学部卒業。現在、熊本大学大学院人文社会科学研究部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。

所蔵

所蔵件数は1件です。

現在の予約件数は0件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1相模大野図書館開架289.1カワカ 33673880図書在架

詳細情報

名称書誌情報
書名 リクグン サンボウ カワカミ ソウロク
陸軍参謀川上操六
副書名 ニッシン センソウ ノ サクセン シドウシャ
日清戦争の作戦指導者
叢書名 レキシ ブンカ ライブラリー
歴史文化ライブラリー
480
著者名1 オオサワ ヒロアキ
大澤 博明/著
1960年、熊本県に生まれる。1983年、熊本大学法学部卒業。現在、熊本大学大学院人文社会科学研究部教授。主要著書『近代日本の東アジア政策と軍事』(成文堂、2001年)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
出版者 ヨシカワコウブンカン
吉川弘文館
出版年 201902
分類 210.65
ページ 289p
サイズ 19cm
ISBN 978-4-642-05880-3
価格 1900
内容紹介 薩摩出身の陸軍軍人で、大本営参謀として日清戦争を勝利へと導いた川上操六。山県有朋ら長州閥との対立に苦悩しながら、作戦指導や戦後の軍拡計画に尽力した姿から実像に迫り、日本の軍事的近代化の過程も振り返る。
個人件名 川上/操六
川上 操六
件名 日清戦争(1894~1895)
陸軍-日本-歴史-明治時代
収録内容忘れられた陸軍軍人川上操六 プロローグ
 【明治陸軍の近代化と川上操六】
 次世代のリーダーとして認められるまで
 軍事的近代化の日清比較
 川上操六と参謀本部
 日清戦争前の国防計画と対清政策
 【日清開戦過程の虚像と実像】
 謀略家としての川上操六像
 出兵過程の実像
 政府主導という実態
 日清共同朝鮮内政改革提案の行方
 開戦と作戦
 【川上操六と日清戦争】
 大本営兵站総監としての川上操六
 大本営陸軍上席参謀としての作戦指導
 伊藤博文総理の戦争指導と川上操六
 【東アジアにおける戦争観の相克】
 戦争のルール 東学党戦時国際法
 【日清戦後経営】
 戦後軍拡 植民地統治体制
 【朝鮮をめぐる日露関係】
 朝鮮内政改革 ロシアの日本軍評価と挑戦政策
 【戦後経営の調整】
 戦後日清提携論
 参謀本部と日清提携策
 参謀総長就任
 陸軍非主流派の始祖としての川上操六 エピローグ