相模原市の図書館

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

著者 :根岸 洋
出版者:筑摩書房
出版年:2022年4月
分類:210.25
形態:図書
◎本のあらすじ
二〇二一年七月「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に加わった。日本列島に存在した「縄文文化」のうち、なぜ限られた地域の遺跡群が世界遺産に選ばれたのか。東北地方を研究対象とし、今回の世界遺産登録にも携わった考古学者が、海外にある同時代の世界遺産との比較などを通して「縄文」を新たな視点から読み解く。さらに、世界遺産というプロジェクトが体現する文化多様性の視点から、「縄文」の人類史における普遍的価値について考える。
◎目次
第1章 縄文を問い直す(問題の所在
縄文遺跡群と世界遺産
「縄文文化」を考える
「縄文文化」論に向けて)
第2章 先史遺跡と世界遺産(世界遺産のイメージ
世界遺産に選ばれるまでのプロセス
先史時代の遺跡を世界遺産にするということ
地下遺構と世界遺産
縄文遺跡群と景観
考古遺物と世界遺産)
第3章 世界の先史時代との比較(比較の視点
世界遺産一覧表における縄文遺跡群
西アジアとの比較
ヨーロッパとの比較
アメリカとの比較
東アジアとの比較)
第4章 縄文遺跡群と「縄文文化」(世界遺産と文化多様性
「縄文文化」の複層性と多様性
「北海道・北東北の縄文遺跡群」
過去の文化への眼差し)
◎著者紹介
根岸 洋
1979年秋田県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科准教授。2002年、東京大学文学部卒業。2010年、東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻博士課程単位取得満期退学、同年博士(文学)取得。青森県教育庁文化財保護課文化財保護主事、国際教養大学助教・准教授を経て2021年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※予約できる点数は、1人10点までです。
※長期未返却資料がある場合、お返しいただくまで新たな資料の予約申込みはできません。
※町田市に在住もしくは、多摩美術大学・東京工科大学・桜美林大学に在学、在勤で利用者登録されている方は、ホームページからの予約サービスは受けることができません。

所蔵

所蔵件数は1件です。

現在の予約件数は2件です。

No.所在場所置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1市立図書館開架210.25 34751834図書貸出中

関連資料

この資料を見た人は、こんな資料も見ています。

詳細:表示非表示